初心者でも簡単な筋トレ方法


筋肉を増やそうとして、始めから無理な筋トレをしたり、過度な筋トレを続けたりしていると、筋肉や関節を痛めてしまいます。いくらヤル気はあっても、ケガをしてはトレーニングを続けることはできなくなり、思ったように筋肉は増えていきません。

自分に合った効果的なトレーニングを行うことで、ケガなく継続することができます。一時期だけ鍛えていても、筋トレをやめてしまえば、筋肉は自然と落ちていってしまいます。そのため、ケガをしなように筋トレすることが大事になってきます。



筋トレ方法について


筋肉を早く増やしたいという気持ちはあっても、ただハードなトレーニングをするだけでは、疲労が溜めるだけで効率が良いとは言えません。効率よく筋肉を増やすためには、どの部分の筋肉を鍛えるのか、どのくらいの頻度でトレーニングを行うのかなど、筋トレ方法を考えていかなければなりません。

今まで筋トレをしてこなかったという方は、腕や胸の筋肉はちょっと鍛えるだけで、見た目にも違って見えます。最初は筋肉痛がひどいけれど、慣れれば簡単にトレーニングをこなせるようになってきます。

筋肉が増えていくと、繰り返し行ってきたトレーニングが楽に感じるようになってきます。さらに筋肉を増やすなら、負荷を増やしてみたり、トレーニング方法を変えてみたりと、今の自分に合った筋トレ方法を探していきましょう。



上半身の筋肉を鍛える方法


腕や胸、背中の筋肉など、上半身をトレーニング器具なしで鍛えるなら、やっぱり腕立て伏せが効果的です。自分の体重がそのまま負荷になるため、筋トレを始めたうちはキツく感じますが、しばらくすると数をこなせるようになってきます。

腕立て伏せは、上半身の筋肉をバランスよく鍛えるのに効果的ですが、もっと部分的に腕などの筋肉を集中的に鍛えたいなら、ダンベルがオススメです。ピンポイントで鍛えられるので、効果を早く感じることができます。

腹筋を鍛える方法


腹筋を鍛えるなら定番の腹筋運動。慣れないうちは回数が出来なくて、思ったように鍛えることができないので、足を固定できる腹筋台があれば、安定して腹筋運動ができるようになります。背中や腰に掛かる負担が軽減されるので、筋トレの最中に痛める心配がなくなります。

また、真ん中の腹直筋だけでなく、ねじれを加えて腹筋運動を行うことで、わき腹部分の腹斜筋を鍛えることができます。鍛えにくい部分の筋肉ですが、これによりお腹周りを引き締めることができます。

 

 

 

関連アイテム

  • 該当なし